Tempu Nakamura, el Sensei de mi Sensei, nos enseño esta oración y una serie de ejercicios llamados Shin Shin Toitsu do, que complementados con el estudio de Aikido y las practicas del Ichikukai constituyen el Ki no renma propuesto por Hiroshi Tada Sensei

A continuacion:

活力吸収法の誦句(プラナヤマ法の誦句)

かつりょく きゅうしゅう ほう の しょうく (プラナヤマ の しょうく) 


神韻縹渺たるこの大宇宙の精気の中には、

しんいんひょうびょう たる この だいうちゅう の せいき の なか には

吾等人間の生命エネルギーを力づける 活力なるものが、

われら にんげん の せいめいえねるぎー を ちからづける かつりょく なるもの が

隈なく遍満存在している。

くまなく へんまん そんざい している


今私は プラナヤマ法と称する特殊の密法を行い


いま わたしは プラナヤマほう と しょうする とくしゅ の みっぽう を おこない


この活力を 五臓六腑は勿論 四肢の末端に至るまで

この かつりょく を ごぞうろっぷ は もちろん しし の まったん に いたる まで


深甚なる感謝をもって 思う存分吸収するのだ。

しんじん なる かんしゃ を もって おもうぞんぶん きゅうしゅう する のだ